2018年10月9日火曜日

プルーストは、底なし泥沼から、金貨がザクザク・・・





 10月6日、夏の名残りの陽ざしが残る3連休の初日、「新訳でプルーストを読破する」第7回「ゲルマントのほうⅢ」に参加してきました。




      今回の講師は、やさしい語り口が印象的だった絵本作家の高楼方子さんでした。
  高楼さんは、
    
「プルーストの本は、底なし沼から金貨がザクザク」

 というような比喩をなさっていたのですが、絵本作家らしい表現だなあと思いました。




 このセミナーでは、恒例になっている参加者同士のディスカッションがあります。
 今回は、大学を卒業したてのようなお若い方がたと、お話しできたのもうれしいことでした。

 「わたしの選ぶ1ページ」では、その中のお一人と偶然にも同じところでした。




 178p
「すべての価値は、画家のまなざしのなかに存在するのだ」
というところです。



 ユリイカという雑誌の「総特集=プルースト」の中に、プルーストの死後に友人の
レイナルド・アーンが書いた追悼文が載っているのですが、その中でアーンは、こんなことを書いています。




 アーンとプルーストが田舎の女友達の城館に招待されて滞在したとき、彼はプルーストが薔薇の生垣の前で立ち止まり、いつまでも薔薇をじっと見つめていたのを、目撃したそうです。




 その時のプルーストの姿をアーンは、
「自然と芸術と人生と完全に交感する神秘の瞬間を目撃」
したのだと述べ、その後何度もこんな場面に遭遇したと、述懐しています。




 このアーンの言葉は、プルーストの178pの
「すべての価値は、画家のようなまなざしのなかに存在するのだ」

 というところと、共通するものがあるように思いました・・・。




 プルーストは、まさに底なし泥沼から、金貨がザクザクなのですね~・・・。
 










2018年10月4日木曜日

秋日和・・



 先日は、久し振りの晴天になりました。
    里の景色の秋日和を見てこようと思い、白河の関の森公園に行ってきました。


 池のまわりに咲き乱れていたノコンギク
 桜の紅葉も少し始まっていて、やさしい色あいの秋がありました。




春の桜のころに来たなつかしい散歩道です。
 右手の奥には、那須連山もかすかに青く見えました。


 

駐車場から見た天文台とすばらしい秋雲
 稲はもう刈り入れを待っていました。



ピンクのコスモスは、秋空にぴったりと似合いますね。
 心が、晴れ晴れとするような秋日和の一日でした・・。



  

2018年9月30日日曜日

エロール・ル・カインのいばらひめ!




 先日いただいた薔薇をドライフラワーにしてみようと、窓辺に吊るしてみました。上手くできるといいのですが・・。



 
 きょうは、エロール・ル・カインの画が描かれている「いばらひめ」を読みました。
 友人からのプレゼントの本なのですが、彼女はこの絵本に描かれているエロール・ル・カインの画がとても好きなのだそうです。今年の8月に亡くなられたちびまる子ちゃんの著者のさくらももこさんも、エロール・ル・カインの画に17歳の時に感動なさったということです。




 エロール・ル・カインは1841年にシンガポールで生まれています。15歳のときに
才能が認められて英国に行き、アニメーション制作などに関わっていたそうですが、その後、1968年「アーサー王の剣」でイラストレーターとして、絵本製作をはじめています。1985年には、ケイト・グリーナウェイ賞を受賞、1989年に亡くなっているのですが、すてきな画を、絵本としてわたしたちに残してくれました。

  


この絵本の翻訳者の名前を見て、驚きました。矢川澄子さんは森茉莉さんの元担当編集者で、「「父の娘」たち」という森茉莉のことを書いた彼女の本を読んだことがあるからです。詩を書いたり翻訳もなさっているのは知っていたのですが、彼女の翻訳を読むのは、初めてなので、画と同様に文にも興味を持ちました。





  エロール・ル・カインの画は、「イメージの魔術師」とも言われているようで、とてもファンタスティックなのですが、よく見ると細部もとても緻密に描かれています。






「いばらひめ」は、有名なグリムの童話で、13人の仙女や、きれいなお姫さま、そしてそのお姫さまを救ってくれるすてきな王子さまと、定番の豪華キャストが揃っています。
    
 エロール・ル・カインは、まさにそんなお話しにぴったりのファンタスティックで豪奢な画を描いています。




 この絵本は、わたしのような大人にもぴったりで、夢の世界とはこういう世界なのだと
再認識させてくれる大人の絵本でした。

 矢川さんの文は、少し古典的に感じられたのですが、エロール・ル・カインの画には似合っているかなと思いました。




※このブログの画は、下記の本からの写真です。
・-・-・-・-・
「いばらひめ」グリム童話より エロール・ル・カイン え
                やがわすみこ やく
                               ほるぷ出版

・-・-・-・-・

 










2018年9月29日土曜日

小さい秋、見つけた!




 台風が日本列島を通過するというニュースが流れています。ここ関東地方は、明日の夜からがピークのようです。
 嵐の前の静けさでしょうか、朝のうちはくもりでしたので、いつものコースを散歩してきました。最初に目に付いた小さな秋は、「ノブドウ」でした。



ノブドウは、いつも毎年同じところに実るのですが、うすむらさきや、ターコイズブルーの宝石のような実は、うっとりと見惚れてしまうほど、すてきです。




 ガマズミの実は、真っ赤な実が特徴です。
 この実の色は、日本の国旗の日の丸と同じ色なので、日本の赤だといつも思ってしまいます。



オレンジと黄緑に色分けしてある葉っぱを見つけました。(真ん中の少し上)
 おっしゃれ~ですね!!!
 赤い実も付いていました。
 


 秋の定番の花、「ノコンギク」です。
 葉にさわってみると、ざらざらしているのでノコンギクだとすぐにわかります。




 「ツリガネニンジン」です。
  小さなベルのような花は、可愛くて魅力的です。



毎年同じ場所に、群生して咲く、「ユウガギク」
 名前を覚えたばかりの頃は、「優雅菊」とは何と優雅な名前と思っていたのですが、「柚香菊」が正しいようです。柚子の香りはしませんので、残念です。


 公園のまわりを一周して見ることができた「小さな秋」でした。

 最後に、うちの庭の小さな秋です。




 














2018年9月28日金曜日

薔薇の内部・・




 昨日、ある方が、大事に育てていらっしゃる薔薇を、いただきました。




 実は彼女は、長年のメル友だったのですが、昨日初めてお会いしたのです。
 これからは、彼女の優しい笑顔と、あの特徴のあるおっとりとなさった幼子のような声を思い出しながら、メールできるのが、楽しみになりました。

 人生には、こんな出会いもあり彼女の大好きな薔薇は、わたしのこころの思い出の薔薇にもなって、いつまでも咲いていてくれると思います。




 薔薇の花をじっと見ていると、リルケの詩を思い出しました。
 「薔薇の内部」というこんな詩です。

・-・-・-・-・
「薔薇の内部」  リルケ
                富士川英郎訳

何処にこの内部に対する
外部があるのだろう?どんな痛みのうえに
このような麻布があてられるのか?
この憂いなく
ひらいた薔薇の
内湖に映っているのは




どの空なのだろう?見よ
どんなに薔薇が咲きこぼれ
ほぐれているかを ふるえる手さえ
それを散りこぼすことがないかのよう
薔薇にはほとんど自分が
支えきれないのだ その多くの花は



みちあふれ
内部の世界から
外部へとあふれでている
そして外部はますますみちみちて 圏を閉(と)じ
ついに夏ぜんたいが 一つの部屋に
夢のなかの一つの部屋になるのだ
・ー・-・-・-・-・-・-・-・
          引用 リルケ詩集 富士川英郎訳 新潮文庫 99p~100p




















2018年9月25日火曜日

日本三大毒草・トリカブト





 散歩道に見事なトリカブトが、咲いていました。こんなに完璧な姿で咲いているトリカブトを見たのは、今年が初めてなので、びっくりしました!!!
 

トリカブトは、日本で自生しているのは、30品種あるそうですが、日本三大毒草(トリカブト・ドクゼリ・ドクウツギ)のひとつです。



トリカブトは、英語では「Monkhood」(修道士のずきん)
あるいは、「Helmet Flower」(兜の花)と言われています。

 


 日本語のトリカブトという名前にも、兜という語がついていますから、花の形が兜に似ているということなのでしょうね。



猛毒があるからなのでしょうか、ギリシャ神話の魔術の女神ヘカデーを司る花で、
地獄の番犬ケルベロスのよだれからトリカブトが生まれたとも言われているようです。



 わたしの持っている本
[The Language of Flowers]によれば、
トリカブト(Monkshood)(Helmet Flower)の花言葉は
Chivalry(騎士道)
Knight-errantry(武者修行)
だそうです。

 



2018年9月23日日曜日

秋めく日に・・





 なんとまあ愛しきいのち蜂と蝶
          那須野が原の秋めく午後に・・

                        



        牧草地の縁(へり)に咲くコセンダングサでしょうか・・
        小さなハチが一生懸命に蜜を吸っているのを見ると、
        たまらなく愛しく見えました。



        黄色のこれもとても小さな蝶が蜜を吸い、
        先ほどのハチは、右下でホバリングをしていました。





         牧草地の上に出ていた雲も、何となく秋めいていました。