2015年8月23日日曜日

始まりの一枚と一冊



 ペーター・ホフマンの歌う「スカボロフェアー」
を、知ったのは、塚本邦雄さんの著書「世紀末花傳書」
でした。

 この本のことは、知人から教えていただいたのですが、
もう、絶版になっていてネットで古本を購入しました。

 その本にペーター・ホフマンの歌う「スカボロフェアー」
のことが、このように書かれていたのです。


・-・-・-・-・-・
「土地を一エイカー見つけてもらってほしい、
(丘の中腹、木の葉が散らばる)パセリにセージ、
ローズマリーにタイム(銀色の涙でお墓を洗う)
鹽水(しおみず)と、それが打ち寄せる岸の間に
(永く忘れていた子を思い出す)そうすれば僕の
真実愛する人になる(そうすれば私の真実愛する
人になる)」、
以上はクライマックスとなる三番。括弧内は
ソプラノのデボラ・サッスーンの唄うキャノンの
部分、その至妙な絡み合いが聴いてほしい。ここへ
来ると私は必ず涙が溢れそうになる。ホーフマンの
表現力の極限である。感動はワーグナーをすら
超える。
・-・-・-・-・-・-・
    引用「世紀末花傳書」塚本邦雄著・222p、223p


 そこで早速このCDも取り寄せて聴いてみました。

 ペーター・ホフマンは、ドイツテナー御三家といわれる
歌手で、デュエットをしているソプラノのデボラ・サッスーンも
透き通るようなやさしい美声です。

 あのスカボロフェアーが、オペラのような物語に
なっていました。


 塚本さんは、歌人ですが卓越した王朝短歌の評論も
書かれています。

 ここ数年、彼の本を読み始めるきっかけとなったのが
この「世紀末花傳書」であり、ペーター・ホフマンの
「スカボロフェアー」でした。


 本との巡り合いの縁は不思議です。
 そして、この本とCDのことを教えてくださった方とも
縁ができました。